FC2ブログ




 サッカー好きの兄ちゃん達の日記です。



WCイヤー前半戦を振り返って
今回は06年に入ってのジーコ・ジャパンのテストマッチ・公式戦を振り返ってみたいと思います♪

まずWCイヤー初戦のU.S.A戦から。厳しかった、U.S.Aのプレスも試合の結果も。そして日本のフィジカルコンディションも。

日本の生命線である中盤で全くボールが繋げず、1トップの久保にはボールが収まらない。結果・・・、全然攻めれない。DFは後手後手やし。

解ってはいたけどやっぱり日本は激しく寄せられるとキープが出来ない。(ウン、俺みたい!)

やっぱり中田英寿は必要やと感じる瞬間。結果だけ見れば2-3の接戦に見えるけど、結果以上のモノが両国の間には横たわっていた様に思う。(強かったU.S.Aが。マジ、ビックリしたもん☆)

フィンランド・インド戦に関しては全く参考にならないと思う。格下相手の調整以外の何物でもないから。

っで、1番最近のボスニア戦。やっぱり寄せが速くてボールを繋げない、押し上げられないの状態やった・・・。WCに出ないボスニアに。その中でもやっぱり中田英寿・中村俊輔は頭一つ抜けた存在感だったと思う。

個人的にはコノ二人に松井大輔が絡んだ攻めを見て見たい!!世
界との差と言われる部分では『フィジカル』が1番言われる部分やけど個人的には最終ラインからのビルドアップと連動したプレスやと思う。

後ろでしっかりボールを繋げないから自分達のマイボールを直ぐ失うコトになる。結果、ボランチが厳しい状態でボールをさばくコトになり、トップ下・ツートップが下がらないといけなくなる悪循環に陥る。

後、高さネ・・・。宮本では余りにもサイズが無さ過ぎる。松田を呼んでくれジーコ!!

それと『日本は技術は世界レベル』って言う人もいるけどソレはあくまでNOプレッシャーの時の話し。試合中の【巧い】と練習・試合以外での【上手い】は質や内容が全く異なるモノだと思う。※中田英寿は小野みたいにボールを扱うコトは出来ないけど試合では抜群の存在感を放つ。

外国人は小手先のテクニックじゃ無く非常に実用的なモノを持っている。身体の使い方とか手(腕)の使い方等。

っで最後にポジショニング。パスを回すにしても、プレスに行くにしても必ず1人ではなく2、3人が連動して動いている。日本のプレスを見ていると1人が行っても次の人間が事前にパスコースを予測してプレッシャーをかけないので簡単に展開される。代表チームだから時間が無いとかの問題じゃ無く個人の戦術眼の問題ヤネ、きっと。

ボール回しに関してもフリーの、いや、【完全にフリー】の人間にしかパスを出さない!攻める為には必ず何処かで『楔』となるタテパスがいる。ただ、そのパス以外にも相手のマークを背負う、若しくはマークを受けた状態でボールを貰うコトが出来ないといけないはずだ!!

しかし我が日本代表を見てるとボールを貰うどころか要求さえしてないように見える。

外国人は恐らく日本のプレスをそれ程いつもキツイと感じてはいないのだと思う。日本がマークに付いていても一人位のマークなら長いリーチを使ってキープ出来るから。

プレスに行ってもバラつきがあるので、そのギャップを突かれワンタッチ、ツータッチプレーでいなされてしまう。テレビで見ていて非常に悔しい!!!

どうか日本代表、WC本番までに戦術・人選を見直し少しでも強くなってくれ~!!!!!
スポンサーサイト



【2006/03/22 21:34】 サッカー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

問題点
 前回の続きです。
さて、代表の問題点は僕自身は中盤にあると思います。
それは何処か?中盤の守備だと思います。
今の代表は4-4-2だとOMF2人とDFM2人という構成です。
 この中で特にDMFなんですが、DFとの連携が甘いと思います。
残念ながら日本のDFは1対1には強くありません。だからこそDMFとDFが
連携して守備をしなくちゃいけません。
 あと相手のキーマン(パスの出し手等)を素早く潰すこと。
この2点がDFMには必要だと思います。
 この点は当初から言われていた点だと思うんですがナゼか手付かず。いい加減なんとかして欲しいところですが。
 後サイドですがここはもう日本サッカー永遠の課題かと思います。
サントスも加地もよくやっていると思います。日本はブラジルみたいに黙っていても優秀なラテラルが出てくる国じゃ有りませんから。
 サイドを起点に攻めたいんであれば、DMFがカバーするとか色々あるとは思いますがジーコはそうは考えていなさそうなんで。
 日本の武器はやはり中盤だと思いますんで、それをもっと生かす方法があれば良いなと思います。

【2006/03/12 23:03】 サッカー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

『王様』!?
『王様』は誰か?さて、それでは続きを。

前回、海外組みの選手を4人挙げましたが、更に【確固たるスタイル】で絞り込むと2人の選手になると僕は思う。

その選手とは【中村俊輔】と【松井大輔】。中村に関してはジーコが監督に就任してエースナンバーの『10番』をもらったことからも期待の大きさが伺える。

その期待に応えるべく、アジアカップ・コンフェデ杯での活躍も記憶に新しいトコロ。(WC予選はPK失敗から始まってイマイチやったけど・・・)また所属するセルティックでもすっかり中心選手として活躍している。

松井に関しても同様でルマンでは完璧に替えの利かない選手になっている。代表に関してもゲームに変化をつけれる貴重な選手。恐らくジーコにとって今1番気になる選手ではないか。

じゃあどちらが『王様』ってなコトになると文句無しで【中村俊輔】でしょ!(僕の好みは松井やけど)経験と実績で松井を遥かに上回ってるしネ。シュート・パス・ドリブル、そしてアノFK(ノ><)ノ

まさにワールドクラスでしょ!!なんでWC本番はいかに【中村俊輔】を活かせるかだと思う。

っで【松井大輔】に関しては2002年WCの時のロナウジーニョの様な存在になって欲しいと思う。『次代の王様』みたいな感じで。

その他の注目の中盤の選手、小笠原は俊輔と、小野はヒデと、福西は稲本と真っ向勝負しかないでしょう♪

ソレが本人達も1番納得ちゃうかな?

遠藤は厳しいんとちゃうかな~、中田(浩)も中盤でのワクは無いでしょ?

両サイドとバックライン・キーパーはサプライズ無しやと思うネ。

後、結局、若手の阿部や長谷部も外れるんちゃうかな、ウン。それはトップにも当てはまると思う、佐藤・巻に後、玉田とか鈴木とか最近ご無沙汰組みも・・・。

前は久保が軸で相方に高原or柳沢っでスーパーサブで大黒で決まり!?かな。

大久保と平山の国見コンビ、今回は届かずっとちゃうかな・・・残念。

っとまぁ勝手に大予想してみました!監督になったツモりで(笑)それでは次の機会で♪

【2006/03/05 22:54】 サッカー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |

どうなるんだろう・・・
 どうもお久しぶりでございます。マッキーです。
最近りょナウジーニョにまかせっきりの駄目管理人です。
 ネタが出来たんで、書きます。
皆さんもうご覧になったと思いますが、代表の試合はどうお思いになりましたか?
僕自身は「本番じゃなくてよかった」と「3年掛かってコレ?」という複雑な思いでした。
 今までは何とか結果が出てたんでまあイイかなんて感じで来た様に思えてしょうがないんですよ。
W杯本番が怖いよ・・・。どうなるんだろう。楽しみより不安の方が大きいです。
 今は書いててもマイナスしか出て来ないんで、次回僕なりに見た問題点を書いて生きたいと思います。
 それでは・・・・。

【2006/03/03 01:30】 サッカー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0) |